いちからが先日所属Vtuber及び従業員を誹謗中傷から守る専門チームを発足した。
株式会社いちからが9月1日に公表したプレスリリースで誹謗中傷専門のチームを発足させた。
このチームはライバー、従業員を誹謗中傷から守る専門チームとして発足。
具体的な施策
誹謗中傷に対する通報窓口を設置
内部はもちろん、ファンなどの外部からの通報にも対応をするみたいだ。
被害を受けたタレント等に対する救済措置の実施
以下の4つの救済措置を行うようだ。
1.産業医によるメンタルケア
2.誹謗中傷に該当するインターネットでの情報の拡散の防止
3.被害者が警察へ向かう際の専門チームメンバーの同行
4.警備強化
加害者への対応
1.警察への被害届の届出
2.プロバイダへの情報開示請求
3.加害者に対する損害賠償請求
4.加害者のSNSアカウントなどが判明している場合の加害者への対策チームからのコンタクト
総括
昨今、誹謗中傷による自殺が後を絶たない中にじさんじの運営企業が本格的に対応に乗り出したようだ。
これはさすがの対応と評価をしよう。
しかし加害者への対応4はやめておいたほうがいいと個人的には思うよ。
示談で済んだら、相手が再び行うケースが考えられる。
根本的な対策にはやはり訴訟が有効かもしれん。
個人的な意見としては同業他社の
ホロライブは外部から専門チームを招聘するなりして、法務関係を強化しろ。
ライバーによる権利侵害行為が続いたり、先日卒業した魔乃アロエのことに関してはライバーの自宅への電凸行為が繰り返されていたようだしな。
これだけ言おう、誹謗中傷はするなよ
byJさん